2019年度農村計画委員会秋季学術研究会「集まりカタ・関わりカタのデザイン ――農山漁村における集落形態の変容へのまなざし」

開催日:2019/09/28
会 場:三重・土井見世邸
分 野:計画


2019年度農村計画委員会春季学術研究会

「集まりカタ・関わりカタのデザイン
  ――農山漁村における集落形態の変容へのまなざし


  農山漁村の一次産業が担保してきた集落空間・コミュニティ形態が大きく変化している。近年の六
次産業化による新たなハード事業と新規雇用、地方創生や観光まちづくりによるゲストハウス・二地
域居住・拠点整備に伴う空き家の利活用など、集落における新たな就業形態や住まい方、空間利用を
みることができる。さらに、東北の沿岸集落に目を向けると復興まちづくり事業はほぼ完了し、新・
旧集落空間における営みの持続性が問われている。
 集まって住むカタチが多様化する現在、本学術研究会では、南海トラフ地震・津波、地域組織の再
編、移住・定住に向けた多彩な取り組みのある尾鷲市を訪ね、デザイン(ルーラルデザイン小委員会)、
人(地域づくり小委員会)、計画(集落復興小委員会)の3つの視点から今日的集住形態を捉え、次世
代の集住のカタチに向けた糸口と知見を議論したい。
 

主 催  農村計画委員会
協 力  尾鷲市、尾鷲市教育委員会
日 時  2019年9月28日(土)14:00~17:30
会 場  土井見世邸(三重県尾鷲市朝日町14)
定 員  50名(申込み先着順)
参加費  会員1,000円、会員外1,500円、学生500円
申込み・問合せ  下田元毅(大阪大学) el_duck@mac.com
ポスター  http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/n190928.pdf

■プログラム■   司会:下田元毅(後掲)
14:00   1.あいさつ   : 山崎寿一(農村計画委員会委員長/神戸大学)
                    : 川窪広明(大手前大学副学長)
14:10   2.尾鷲の取組み : 豊田宙也(尾鷲ヒト大学)
14:30   3.主旨説明   : 下田元毅(大阪大学)
14:45   4.発 表 [発表25分+質疑10分]
                 ①ヨソモノによる「ケ」のデザインを目指して ―高知県いの町神谷北地区5集落における
               取り組み     : 野田 満(地域づくり組織小委員会/首都大学東京)
                 ②人と場所を繋ぐ復興計画 ―小規模集落の事例
                    : 友渕貴之(集落復興小委員会/宮城大学)
                 ③公私境界 ―漁村空間における「ウチ」と「ソト」を探る
                    : 宮崎篤徳(ルーラルデザイン小委員会/関西大学)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 休憩15分〈会場設営〉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16:45   5.討 論   進行:本塚智貴(明石工業高等専門学校) 
              上記登壇者 + 大沼正寛(東北工業大学)・鈴木孝男(新潟食料農業大学)・
              上村真仁(筑紫女学園大学)
17:30   6.閉 会(まとめ): 斎尾直子(東京工業大学)

※このほか、翌9月28日午前に現地視察(九鬼漁村)を予定しています。


建築CPD:3 単位


残 数:--