eラーニング講習会「建築工事標準仕様書・同解説JASS19 陶磁器質タイル張り工事」

開催日:2020/03/31迄
会 場:web
分 野:構造


eラーニング講習会
 「建築工事標準仕様書・同解説JASS19 陶磁器質タイル張り工事」
 前回の改定以降、タイル後張り工事の材料・工法に関して多くの改良開発が行われた。また2008年11月、本会において「陶磁器質タイル張り工事の今後の動向」に関す るシンポジウムを開催し多数の参加者からご意見を聴取した。さらに本仕様書に関係の深い関連団体などにも広く意見を求めて、多方面から検討し本仕様書を作成した。 鉄筋コンクリート造建築物の外壁に陶磁器質タイルを張る工法は、日本独自の技術であり、「文化」といっても過言ではない。これまで、この文化の継承に多くの関係者が多大な努力を費やしてきた。 本仕様書も、はく落安全性の向上の観点から、タイル張り下地の処理方法、プロセス検査、有機接着剤によるタイル後張り工法、タイルの張り方のチェックポイントを示したフローチャートの作成などを新たに記述した。
今回の改定版の大きな追加は、有機系接着剤によるタイル後張り工法である。これは、(1)1993 年から1995 年に建設省官民連帯共同研究「有機系接着剤張りを利用した外装タイル・石張りシステムの開発」が実施され、有機系接着剤が2006 年にJIS A 5557:2006(外装タイル張り用有機系接着剤)として標準化されたこと。(2) 外壁への有機系接着剤の使用の可否において、その耐久性が議論されており、実建物で最長20 年の追跡調査より初期の強度を20 年間維持していることを確認していること。(3) 施工管理の容易さや採用実績の増大などを考慮した。本仕様書は、セメントモルタルによるタイル後張り工法、有機系接着剤によるタイル後張り工法およびタイル先付けプレキャストコンクリート工法に適用できる。このたび改定された本仕様書が、タイル張り工事に携わる技術者各位に有効に寄与するものとなれば幸いである。
*本講習会は2012年10月26日に実施したものと同じ内容です。
<主催>日本建築学会
<後援予定>
公共建築協会、全国建設室内工事業協会、全国タイル業協会、全国タイル工業組合、全国中小建築工事業団体連合会、全国防水工事協会、東京建築士会、東京都建築士事務所協会、日本建材・住宅設備産業協会、日本建築家協会、 日本建築仕上学会、日本建築仕上材工業会、日本建築士会連合会、日本建設業連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本左官業組合連合会、日本タイル煉瓦工事工業会、日本接着剤工業会、日本塗装工業会、ベターリビング、プレコンシステム協会、ALC 協会ほか
<講義プログラム>(約3時間20分 )
1節・2節 主旨説明・総則・目標性能/河辺伸二 (名古屋工業大学)
3節 セメントモルタルによるタイル後張り工法/名知博司 (清水建設)
4節 有機系接着剤によるタイル後張り工法/小笠原和博 (LIXIL)
5節 タイル先付けプレキャストコンクリート工法/久保田浩 (大成建設)
<参加費>
 日本建築学会会員
 後援団体会員
 上記以外

3,000円
4,500円
6,000円
eラーニング講習会はテキストをお持ちの方のみを対象としております。テキストをお持ちで無い方は建築書店でご購入ください。※下記の書籍名のリンクからお買い求め頂けます。
■テキスト
「建築工事標準仕様書・同解説JASS19 陶磁器質タイル張り工事」(第4版 / B5 / 268頁 / 2012年07月)
定価4,180円(本体3,800円+税)+送料
会員特価3,762円(本体3,420円+税)送料無料
■「申込方法」
 Adobe Systemsの「Flash」の提供が終了することを受け、
eラーニング講習会の配信を停止することといたしました。
今後については、本会Webサイトを通じてご案内いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
■「受講方法」
お申し込みが完了した方には、EメールにてIDとパスワードをお知らせいたしますので、 本会eラーニング講習会のホームページ(URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/)より受講してください。
IDとパスワードの有効期間は発行より3ヶ月となります。
■インターネット回線
  ADSL回線以上を推奨
■パソコン動作環境
eラーニング講習会をご覧になる際は、必要なシステム条件について以下のURLからパソコン環境などをご確認ください。
Macintoshでは、「講義映像」のみの視聴となり、説明資料はご覧いただけません。
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/
■テスト配信
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/でテスト配信をしてます。
■「CPD登録について」
このeラーニングのCPD登録は、建築CPD運営会議の建築CPD情報提供制度を利用しております。
 登録方法については、講習会の中で詳細をお知らせいたします。
CPDポイントの申請は、ID/PASS発行から1週間後より承ります。年度末などのお申込み・ご申請は、その点をあらかじめご留意願います。

 


建築CPD:4


残 数:--