eラーニング講習会「地盤アンカーの設計・施工に関するQ&A」

開催日:2018/03/31迄
会 場:web
分 野:構造


eラーニング講習会
「地盤アンカーの設計・施工に関するQ&A」

<主旨>
 地盤アンカーは,仮設構造物もしくは本設構造物に発生する応力・変形および変位に対して,
地盤を反力とする地盤アンカーの引抜抵抗力によって抵抗させようとする構造部材の一つである.
 地盤アンカーが,建築工事のうちの山留め支保工など,仮設的に利用されはじめて40年近く経過
する.地盤アンカーを山留め部材として使うと,根切り工事や本体構造物の構築工事のための作業
空間を広くとれて作業能率が上がることなどもあって,採用件数は徐々に増えてきた.その間,施工
技術面で改良を重ねて品質を向上させると同時に,PC鋼材の耐腐食性を増すためのアンカーの構
造的な改良がはかられ,建築構造物の一部,すなわち本設地盤アンカーとしても使われるようにな
ってきた.
 本会では,以上のような情勢に対応するため,1991年に「建築地盤アンカー設計施工指針・同解
説」を出版し,2001年には改定版を刊行している.
 地盤アンカーは自然地盤の中に設置されることから,その性能を十分に発揮させるためには,十分
な事前調査のもとに適切な設計・施工・試験を行い,供用期間中の維持管理も行わなければならない.
 本書は,山留め工事や本設構造物に採用される地盤アンカーに関して,設計者,施工管理者,専業
者などの技術者が,各々の立場で疑問が生じると思われる事項について,Q&Aの形式でまとめたもの
である.なお,山留めの設計・計画については,本会の「山留め設計施工指針」,「山留め設計事例集」
を参照すると,より理解が深まると思われる.
 本書の構成は,1章「地盤アンカー工法の概要」,2章「計画のQ&A」,3章「材料・許容応力度のQ&A」,
4章「設計のQ&A」,5章「施工のQ&A」,6章「試験のQ&A」,7章「維持管理のQ&A」としており,本会の
「建築地盤アンカー設計施工指針・同解説」にほぼ整合させている.
内容としては,山留め工事での仮設地盤アンカーの調査・計画から設計・施工および維持管理に関する
質問を中心に設定しており,これに,浮力対策や地震時転倒対策に採用される本設地盤アンカーの質問
を加えている.回答もまた,先の「建築地盤アンカー設計施工指針・同解説」の解説にある内容をもとに,
図,写真などを加えて,より理解しやすいよう配慮した.
 本書を通じて,多くの技術者が「地盤アンカー」を理解し,各々の立場で所期の成果をあげることができ
れば幸いである.
 本会では,多方面にわたる本書の有効な利用を期待し,このeラーニング講習会を企画したものである。

<主催>日本建築学会 構造委員会 仮設構造運営委員会
<後援予定>日本建築家協会、日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本建設業連合会、
         日本建築構造技術者協会、(社)日本アンカー協会ほか

<講義プログラム>(約3時間20分 )

■講義プログラム

1章 地盤アンカー工法の概要 森脇 登美夫(㈱ 特殊構工法計画研究所)

2章 計画のQ&A 佐藤 秀人(日本大学)

3章 材料・許容応力度のQ&A 佐藤 秀人(前掲)

4章 設計のQ&A ~仮設地盤アンカー~ 丸 隆宏(㈱ フジタ)

   設計のQ&A ~本設地盤アンカー~ 森 利弘(㈱ 熊谷組)

5章 施工のQ&A(1) 山下 俊英(前田建設工業 ㈱)

   施工のQ&A(2) 鈴木 武志(日本基礎技術 ㈱)

6章 試験のQ&A 菅 浩一(日特建設 ㈱)

7章 維持管理のQ&A 菅 浩一(前掲)
 

<参加費>
日本建築学会会員          3,000円
後援団体会員            4,500円
上記以外                 6,000円
日本建築学会会員(テキスト含)   5,333円(送料無料)
後援団体会員(テキスト+送料)   7,592円
上記以外(テキスト+送料)     9,092円

■テキスト   
「地盤アンカーの設計・施工に関するQ&A」(2010.2刊行、A4判、148ページ)
定価2,592円(本体2,400円+税)+送料 500円
建築学会会員特価 2,333円(本体2,160円+税)送料無料
テキストをお持ちでない方は、参加申込みと一緒にテキストをご注文いただければ送付いたします。

申込方法 ■「申込方法」
受講希望の方は下記参加申込ボタンより申込みのうえ、参加費とテキス
ト代(希望者のみ)をクレジットカード、銀行振込または現金書留にてお支払いください。
なお、お電話での申込みは受け付けておりません。
また、参加費の払い戻しはいたしませんので、下記の「受講環境」により、ご自
身のパソコンの動作環境に問題がないか必ずご確認ください。
 
●ご注意
テキストを希望される方(会員以外)は、クレジット決済では、複数名申込み頂いた場合でも
申込み1件ごとに送料がかかりますので、ご注意願います。
複数名の受講を希望される場合、銀行振込となりますので、事前にご相談下さい。


■「支払方法」
クレジット:申込み画面にて、クレジット決済を行って下さい。

銀行振込:三菱東京UFJ銀行京橋支店 普通預金口座2318455
     シャ)ニホンケンチクガッカイ
現金書留:下記申込先に郵送してください。
なお、領収書が必要な方は、「講習会領収書希望」と明記したメモと返信用封筒(82円切手貼付、宛名記入)
をお送りください。折り返し領収書をお送りします。

■「問い合わせ先」
日本建築学会事務局 eラーニング講習会係
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
TEL 03-3456-2057 FAX 03-3456-2058
E-mail eg@aij.or.jp
備考

■「受講方法」
お申し込みが完了した方には、EメールにてIDとパスワードをお知らせいたしますので、
本会eラーニング講習会のホームページ(URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/)より受講してください。
IDとパスワードの有効期間は発行より3ヶ月となります。

■「受講環境」
■インターネット回線
 ADSL回線以上を推奨
■パソコン動作環境
eラーニング講習会をご覧になる際は、必要なシステム条件について以下のURLからパソコン環境
などをご確認ください。
Macintoshでは、「講義映像」のみの視聴となり、説明資料はご覧いただけません。
URL:「http://www.aij.or.jp/jpn/eg/
■テスト配信
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/でテスト配信をしてます。

■「CPD登録について」
このeラーニングのCPD登録は、建築CPD運営会議の建築CPD情報提供制度を利用しております。
登録方法については、講習会の中で詳細をお知らせいたします。
CPDポイントの申請は、ID/PASS発行から1週間後より承ります。年度末などのお申込み・ご申請は、
その点をあらかじめご留意願います。


建築CPD:3


残 数:--

3,000円
4,500円
6,000円
5,333円
7,592円
9,092円

※会員外等の方は会員の項目でお申込みできません。

【ご注意事項】

  • カート内で必ず参加費の金額をご確認ください。
  • 会員外等の方は会員価格の参加費でお申込み頂けませんのでご了承ください。
会員サインイン