eラーニング講習会「天井等の非構造材の落下被害防止指針・同解説」

開催日:2020/03/31迄
会 場:web
分 野:構造


eラーニング講習会
 「天井等の非構造材の落下被害防止指針・同解説」
 安全であるはずの建築物が突如凶器と化し、内部空間で多くの利用者の人命を傷つけてしまう。天井等の非構造材の落下事故は早急に解消しなくてはならない問題である。1995年の阪神大震災でも多くの被害が報告されたが、2011年3月11日の東日本大震災では、非構造材の落下、特に夥しい件数の吊り天井の落下事故が広域にわたって発生、多くの人命を奪い傷つける結果となった。これを受け本会に「非構造材の安全性評価及び落下事故防止に関する特別調査委員会」が発足、天井等の非構造材落下事故の防止と解消を目指して本質的かつ有効な発信を行うべく活動を行ってきた。本指針および解説は、特別調査委員会メンバーの知見と活動成果に基づき、天井等の非構造材の落下事故を有効に防止解消するための考え方、現時点での最も望ましい対策を基本に立ち返り、整理した形で提示したものである。本指針が一人でも多くの建築関係者の目に留まり、天井等の非構造材の落下被害の根本的な解消につながれば幸いである。
 
<主催>日本建築学会
 
<講義プログラム>(約3時間50分 )
1.開会挨拶/基本的な考え方/川口健一(東京大学)
2.設計の進め方/多賀洋(日本設計)
3.地震時の損傷制御/櫻庭記彦(清水建設)
4.各種損傷制御と設備及び関係者の役割/猪飼富雄(大林組)
5.工法及び事例紹介/太田博章(竹中工務店)
<参加費>
 日本建築学会会員
 後援団体会員
 上記以外

3,000円
4,500円
6,000円
eラーニング講習会はテキストをお持ちの方のみを対象としております。テキストをお持ちで無い方は建築書店でご購入ください。※下記の書籍名のリンクからお買い求め頂けます。
■テキスト
「天井等の非構造材の落下に対する安全対策指針・同解説」(第1版 / B5 / 192頁 / 2015年01月)
定  価3,520円(本体3,200円+税)+送料
会員特価3,168円(本体2,880円+税)送料無料
■「申込方法」
 Adobe Systemsの「Flash」の提供が終了することを受け、
eラーニング講習会の配信を停止することといたしました。
今後については、本会Webサイトを通じてご案内いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
■「受講方法」
お申し込みが完了した方には、EメールにてIDとパスワードをお知らせいたしますので、 本会eラーニング講習会のホームページ(URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/)より受講してください。
IDとパスワードの有効期間は発行より3ヶ月となります。
■インターネット回線
  ADSL回線以上を推奨
■パソコン動作環境
eラーニング講習会をご覧になる際は、必要なシステム条件について以下のURLからパソコン環境などをご確認ください。
Macintoshでは、「講義映像」のみの視聴となり、説明資料はご覧いただけません。
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/
■テスト配信
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/でテスト配信をしてます。
■「CPD登録について」
このeラーニングのCPD登録は、建築CPD運営会議の建築CPD情報提供制度を利用しております。
 登録方法については、講習会の中で詳細をお知らせいたします。
CPDポイントの申請は、ID/PASS発行から1週間後より承ります。年度末などのお申込み・ご申請は、その点をあらかじめご留意願います。

建築CPD:4


残 数:--