eラーニング講習会「建築工事標準仕様書・同解説JASS10プレキャスト鉄筋コンクリート工事」

開催日:2018/03/31迄
会 場:web
分 野:構造


eラーニング講習会
「建築工事標準仕様書・同解説
JASS10プレキャスト鉄筋コンクリート工事」

 

<主 旨>
「建築工事標準仕様書JASS10 プレキャスト鉄筋コンクリート工事」が制定されたのは1965年のことである。その後、
1972年、1978年、1991年および2003年に改定されてきており、プレキャスト鉄筋コンクリート構造に関しては、壁式
からラーメン構造へと拡大され、1991年の改定では表題から壁式の文字がなくなり、2003年から現行の「プレキャスト
鉄筋コンクリート工事」となっている。近年では、柱、梁部材に適用するため高強度化がさらに進み、設計基準強度で
60N/mm2を超えるプレキャスト部材を用いた高層住宅の建設も多く行われている。さらに、プレキャスト部材が海外
工場で製造される例も現れ、このような技術の現状、社会情勢に対応する必要が生じてきた。そのため、2011年度日本
建築学会大会(関東)においては、パネルディスカッション「プレキャストコンクリート工法に関する課題と展望」を開催し、
在来工法に比べて高品質、工期短縮、省力、環境負荷の低減など、様々な効果が期待されるプレキャスト鉄筋コンクリー
ト工法の現状と課題を整理し、今後の発展の方向性についても討論を行った。
今回は先に述べた現状を踏まえた検討を行い、改定版を刊行することとした。
*本講習会は2013 年1月23日に実施したものと同じ内容です。

<主 催> 日本建築学会 材料施工委員会 鉄筋コンクリート工事運営委員会
<後援予定> 公共建築協会、全国建設業協会、日本建築士事務所協会連合会、日本建設業連合会、日本建築家協会、
日本建築士会連合会、日本建築センター、東京都建築士事務所協会、東京建築士会、日本建築仕上学会、
日本建築構造技術者協会、日本コンクリート工学会、日本建築仕上材工業会、日本材料学会、土木学会、
全国生コンクリート工業組合連合会、セメント協会、プレハブ建築協会、ロングライフビル推進協会、日本鉄鋼連盟、
全国鉄筋工事業協会、鐵鋼スラグ協会、日本フライアッシュ協会、日本鉄筋継手協会、コンクリート用化学混和剤協会、
人工軽量骨材協会、仮設工業会、全国コンクリート圧送事業団体連合会、日本建築防災協会、都市再生機構、
プレストレストコンクリート工学会 ほか

1.講義プログラム(約3時間20分 )

1節 総則                                   桝田佳寛(宇都宮大学)

2節 構造体の要求性能

3節 節構造体の要求性能3節プレキャスト部材・接合部および現場打ちコンクリート部材の性能および                                                     

4節 材料および部品                              陣内 浩(大成建設)

5節 プレキャスト部材に用いるコンクリートの調合

6節 プレキャスト部材の製造 

7節 プレキャスト部材の貯蔵・出荷・運搬                    河村光昭(清水建設)

8節 プレキャスト部材の受入れ・仮置き

9節 プレキャスト部材の組立て

10節 プレキャスト部材の接合

11節 現場打ちコンクリート部分の施工

12節 接合部の防水

13節品質管理および検査                                                    佐藤幸惠(東京都市大学)

<参加費>

日本建築学会会員          3,000円
後援団体会員            4,500円
上記以外              6,000円
日本建築学会会員(テキスト含)   7,277円
後援団体会員(テキスト+送料)   9,852円
上記以外(テキスト+送料)      11,352円

■テキスト   

「建築工事標準仕様書JASS10 プレキャスト鉄筋コンクリート工事」(2013.1刊行、B5判、346ページ)
 定価4,752円(本体4,400円+税)+送料600円
 会員特価4,277円(本体3,960円+税)
テキストをお持ちでない方は、参加申込みと一緒にテキストをご注文いただければ送付いたします。


申込方法 ■「申込方法」
受講希望の方は下記参加申込ボタンより申込みのうえ、参加費とテキス
ト代(希望者のみ)をクレジットカード、銀行振込または現金書留にてお支払いください。
なお、お電話での申込みは受け付けておりません。
また、参加費の払い戻しはいたしませんので、下記の「受講環境」により、ご自
身のパソコンの動作環境に問題がないか必ずご確認ください。
 
●ご注意
テキストを希望される方(会員以外)は、クレジット決済では、複数名申込み頂いた場合でも
申込み1件ごとに送料がかかりますので、ご注意願います。
複数名の受講を希望される場合、銀行振込となりますので、事前にご相談下さい。


■「支払方法」
クレジット:申込み画面にて、クレジット決済を行って下さい。

銀行振込:三菱東京UFJ銀行京橋支店 普通預金口座2318455
     シャ)ニホンケンチクガッカイ
現金書留:下記申込先に郵送してください。
なお、領収書が必要な方は、「講習会領収書希望」と明記したメモと返信用封筒(82円切手貼付、宛名記入)
をお送りください。折り返し領収書をお送りします。

■「問い合わせ先」
日本建築学会事務局 eラーニング講習会係
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
TEL 03-3456-2057 FAX 03-3456-2058
E-mail eg@aij.or.jp
備考

■「受講方法」
お申し込みが完了した方には、EメールにてIDとパスワードをお知らせいたしますので、
本会eラーニング講習会のホームページ(URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/)より受講してください。
IDとパスワードの有効期間は発行より3ヶ月となります。

■「受講環境」
■インターネット回線
 ADSL回線以上を推奨
■パソコン動作環境
eラーニング講習会をご覧になる際は、必要なシステム条件について以下のURLからパソコン環境
などをご確認ください。
Macintoshでは、「講義映像」のみの視聴となり、説明資料はご覧いただけません。
URL:「http://www.aij.or.jp/jpn/eg/
■テスト配信
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/でテスト配信をしてます。

■「CPD登録について」
このeラーニングのCPD登録は、建築CPD運営会議の建築CPD情報提供制度を利用しております。
登録方法については、講習会の中で詳細をお知らせいたします。
CPDポイントの申請は、ID/PASS発行から1週間後より承ります。年度末などのお申込み・ご申請は、
その点をあらかじめご留意願います。


建築CPD:3


残 数:--

3,000円
4,500円
6,000円
7,277円
9,852円
11,352円

※会員外等の方は会員の項目でお申込みできません。

【ご注意事項】

  • カート内で必ず参加費の金額をご確認ください。
  • 会員外等の方は会員価格の参加費でお申込み頂けませんのでご了承ください。
会員サインイン