eラーニング講習会「建築工事標準仕様書・同解説JASS24 断熱工事」

開催日:2020/03/31迄
会 場:web
分 野:構造


eラーニング講習会
「建築工事標準仕様書・同解説 JASS24 断熱工事」
 建築工事標準仕様書JASS24断熱工事は1985年に制定され、1995年2月に改定が行われましたが、その後技術的な進展や関連法規の改正、社会的な情勢の著しい変化があり、全面的に改定する必要が生じてきました。本会材料施工委員会では、2010年にJASS24断熱工事改定小委員会を設けて改定作業に着手し、このたび第2次改定版を刊行する ことになりましたので、ここにその内容を報告する講習会を開催いたします。
 前回改定以降の断熱工事に関わる政策や社会情勢の変化として、(1)COP3以降の地球温暖化防止対策の強化、(2)住宅及び建築物の省エネルギー基準の改定、(3)建築基準法改正によるシックハウス対策の義務化、(4)断熱材関連のJIS改正、(5)防耐火認定制度の見直し、(6)断熱材の長期断熱性能に関する知見の蓄積、(7)建設リサイクル法の施工などが挙げられ、これらの変化を踏まえて今回JASS24の全面的な改定を行っております。
断熱化による環境負荷低減やよりよい室内環境を実現するためにも、本仕様書が設計者及び施工者によって適切に運用されることが期待されますので、断熱工事に関係されるみなさまには、ぜひ本講習会にご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。
*本講習会は2013年2月20日に実施したものと同じ内容です。
<主催>日本建築学会
<後援予定>
板硝子協会、ウレタンフォーム工業会、押出発泡ポリスチレン工業会、硝子繊維協会、高発泡ポリエチレン工業会、全国建設業協会、全国複層硝子工業会、発泡スチロール協会、フェノールフォーム協会、プラスチックサッシ工業会、北海道建築技術協会、日本建築家協会、日本建築士会連合会、日本建設業連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本サッシ協会、日本繊維板工業会、日本セルローズファイバー工業会、日本ツーバイフォー建築協会、日本木造住宅産業協会、プレハブ建築協会、
ロックウール工業会、JBN・サポートセンター、発泡プラスチック断熱材連絡会ほか
 
<講義プログラム>(約4時間10分 )
1.挨拶・総則、材料工法、施工法共通/鈴木大隆(北方建築総合研究所)
2.RC造/宮内 亨 (旭化成建材)
3.木造/砂川雅彦 (砂川建築環境研究所)
4.鉄骨造/鈴木大隆 (前掲)
<参加費>
 日本建築学会会員
 後援団体会員
 上記以外

3,000円
4,500円
6,000円
eラーニング講習会はテキストをお持ちの方のみを対象としております。テキストをお持ちで無い方は建築書店でご購入ください。※下記の書籍名のリンクからお買い求め頂けます。
■テキスト
「建築工事標準仕様書JASS24 断熱工事」(第3版 / B5 / 238頁 / 2013年02月)
 定価4,620円(本体4,200円+税)+送料
 会員特価4,158円(本体3,780円+税)
■「申込方法」
 Adobe Systemsの「Flash」の提供が終了することを受け、
eラーニング講習会の配信を停止することといたしました。
今後については、本会Webサイトを通じてご案内いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
■「受講方法」
お申し込みが完了した方には、EメールにてIDとパスワードをお知らせいたしますので、 本会eラーニング講習会のホームページ(URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/)より受講してください。
IDとパスワードの有効期間は発行より3ヶ月となります。
■インターネット回線
  ADSL回線以上を推奨
■パソコン動作環境
eラーニング講習会をご覧になる際は、必要なシステム条件について以下のURLからパソコン環境などをご確認ください。
Macintoshでは、「講義映像」のみの視聴となり、説明資料はご覧いただけません。
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/
■テスト配信
URL:http://www.aij.or.jp/jpn/eg/でテスト配信をしてます。
■「CPD登録について」
このeラーニングのCPD登録は、建築CPD運営会議の建築CPD情報提供制度を利用しております。
 登録方法については、講習会の中で詳細をお知らせいたします。
CPDポイントの申請は、ID/PASS発行から1週間後より承ります。年度末などのお申込み・ご申請は、その点をあらかじめご留意願います。

建築CPD:4


残 数:--