日本建築学会図書館
日本建築学会 日本建築学会図書館 デジタルアーカイブ
資料集成

建築設計資料集成は、昭和17年(1942年)に初版本が刊行されて以来、現在に至るまでに折々に改訂が行われてきた。その初版には、欧米で出版されていた類似書などを参考に、我が国独自の建築設計資料集成の編纂に取組んだことが記されている。この資料集成の端緒は、建築学会に当該委員会が設置された昭和12年(1937年)からで、その成果が学会誌「建築雑誌」にシリーズで掲載されていたものをまとめて建築設計資料集成・全3集として発刊したものである。当時の建築設計界の実情を知る上で、学術的にも貴重な文献である。

Architectural Design Data Corpus
Architectural Design Data Corpus, which has been revised from time to time, was initially published in 1942. According to the first edition, the compilation of the first Japanese own architectural design data corpus was elaborated referring to similar publications in the United States and Europe. The prototype was made in 1937, when the committee in charge was organized in AIJ. The achievements of the committee, which had appeared in series in AIJ’s Journal of Architecture and Building Science, were assembled in 1942 into the data corpus in three volumes. These are references of great value for understanding the actual state of architectural design industry of the time from the academic aspect as well.

書 名 著 者 出版年 データ
建築設計資料集成 1 建築學會 編 1942 詳細
建築設計資料集成 1  6版 (1/2) 日本建築学会 編 1949 詳細
建築設計資料集成 1  6版 (2/2) 日本建築学会 編 1949 詳細
建築設計資料集成 1 17版 (1/2) 日本建築学会 編 1955 詳細
建築設計資料集成 1 17版 (2/2) 日本建築学会 編 1955 詳細
建築設計資料集成 2 (1/2) 日本建築学会 編 1951 詳細
建築設計資料集成 2 (2/2) 日本建築学会 編 1951 詳細
建築設計資料集成 3 (1/2) 日本建築学会 編 1952 詳細
建築設計資料集成 3 (2/2) 日本建築学会 編 1952 詳細

建築設計資料集成(1960年版)
建築設計資料集成の初版本が刊行されたのは、昭和17年(1942年)であったが、戦後間もない昭 和24年に建築設計資料集成続刊委員会が発足して、全3集の全面改定版の刊行がなされた。その後、日本の戦後復興に伴う建築設計や技術の進展に対応すべく、当代の建築界の専門家による編纂委員会が組織され、新たな建築設計資料を盛り込んだ改訂版が順次刊行されることとなった。ここに掲載する第1集は、昭和35年(1960年)の刊行で、従前にない新たな項目などが取り入れられた。以後も、建築設計資料集成は、シリーズで続刊されて、建築設計を学ぶ者に活用される代表的な図書となった。当時の建築設計界の情勢を知る上で、学術的に貴重な文献である。

Architectural Design Data Corpus (1960 edition)
After being initially published in 1942, all three volumes of the Architectural Design Data Corpus were thoroughly revised shortly after WWII by the AIJ Committee for Revision of the Architectural Design Data Corpus organized in 1949. A compilation committee consisting of architectural experts of the time was then organized to incorporate the development of architectural design and technology associated with the postwar reconstruction in Japan, with editions including new architectural design data being sequentially published. Volume 1 posted here was published in 1960 with the inclusion of some unprecedented new items. These volumes were subsequently published in series to be representative books utilized by students of architectural design. These are academically valuable references for understanding the circumstances of the architectural design domain of the time.

書 名 著 者 出版年 データ
建築設計資料集成 1 (1/2) 日本建築学会 編 1960 詳細
建築設計資料集成 1 (2/2) 日本建築学会 編 1960 詳細
建築設計資料集成 2 (1/2) 日本建築学会 編 1960 詳細
建築設計資料集成 2 (2/2) 日本建築学会 編 1960 詳細
ページの先頭に戻る