国際交流 国際活動情報ブログ詳細

中井政義

“アジアの潮流・600mを超えた超々高層”;「第3回 日中韓-高層建築フォーラム」を開催します!
日本鋼構造協会・国際委員会傘下の 「CTBUH対応WG」(主査:和田章先生、副主査:田村幸雄先生、幹事:中井)では、2010年4月より、シカゴに拠点を置く「CTBUH(高層ビルと都市居住協議会)」から発信される情報を共有し、日本の高層建築の情報(耐震・耐風性能設計、施工等)や主に構造に係わる研究(解析や実験)成果を、国際会議への参加やジャーナルへの論文投稿等を通じて、日本の最先端技術の発信を継続しています。

そのアジア地域での活動の一環として、中国、韓国、日本の構造エンジニアを中心に高層建築に関する国際フォーラム(回/年)を継続しており、今年は7月8日(金)に東京工業大学大岡山キャンパスで開催します。中国、韓国で活況を呈する“500~600m超”の超々高層建築に関する建築計画、構造設計、施工等の説明を実際の担当者から直接聞くことができる絶好の機会ですので、ご興味のある方は是非ご参加下さい。