第3回けんちくとーろん
都市と建築からみるアシ繧刄A 窶買N繧刄香[ハ繧刄級サと現代化


主催:日本建築学会 建築討論委員会
日時:2014年6月13日(金)18:30-20:30
会場:日本建築学会 「建築書店」@「建築会館」1階/東京都港区芝5-26-20

20世紀初頭ヨーロッハ繧嘯ノ生まれたモタ繧刄jス繧刄?建築は、20世紀後期に、ヨーロッハ繧嘯ワむ世界各地域て繧剴W開、とくにUSAと日本て繧剔蛯ォく発展してきました。20世紀末には、中東とアシ繧刄Aて繧剄L範にさらに大規模に開発か繧剞юiされ、現在に至っています。
日本の建築と都市の近代化は、20世紀には、世界の動きと同期して平行に展開してきましたか繧凵A21世紀をむかえる時期から世界の動きとは異なる挙動を示すようになりました。日本の建築界およひ繧剴s市計画界はカ繧刄宴n繧噬R繧刄X化して、その都市と建築は海外の建築とは別種の建築を生み出してきたのて繧凾ヘないか、、、。それはと繧凾アに起因するのか? また、世界的な文脈て繧凾ンたとき、と繧凾フように位置つ繧凾ッられるものなのか?
ふたつの世紀をまたいで、現代の都市と建築を探求し続けている顕学二人のタ繧刄Cアローク繧凾烽ニに、アシ繧刄Aの建築と都市の近未来についてテ繧刄Bスカッションを行います。

(トヒ繧噬bクス)
・東アシ繧刄Aと日本(20世紀前半)
・異種間混合窶箔`統とモタ繧刄jス繧刄?(20世紀後半)
・現代化する建築と都市の行方(21世紀前半)

出席
八束はし繧凾゚
布野修司
宇野 求(進行)

(略歴)
八束はし繧凾゚:建築家、建築史家、建築評論家。前・芝浦工業大学教授
     主著:『ロ シア・アウ繧刄@ンキ繧刄ャ泣g繧剏囃z』、『ミースという神話 ユニウ繧刄@ーサル・スヘ繧噤[スの起源』、
        『思想としての日本近代建築』、『メタホ繧刄潟X繧刄?・ネクサス』ほか
布野修司:建築・都市研究家、建築批評家。滋賀県立大学環境科学部教授
     主著(共著含む):『近代世界システムと植民都市』、『ムカ繧刄挙s市』、『ク繧刄潟bト繧剴s市』 ほか
宇野 求:建築家、都市設計家。東京理科大学教授


定員に達しましたので受付を終了しました。
*参加費 無料
*定 員 40名
*申込制・先着順 参加ご希望の方は、電子メールにて事務局宛にお申し込みください。
           6/13(金)開催の「けんちくとーろん」への参加を希望します
             氏名 / 所属 / メールアドレス

(申込み・問合せ先)
日本建築学会事務局 担当:今井 imai@aij.or.jp
HP http://www.aij.or.jp/jpn/touron/top.html
Tel: 03-3456-2017 Fax: 03-3456-2058
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20