『壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準・同解説』 意見募集(個人会員限定)

 現行「壁式構造関係設計規準集・同解説(壁式鉄筋コンクリート造編)」には、整形な壁式鉄筋コンクリート造(以下、壁式RC造と呼称)建物を対象とする「壁式鉄筋コンクリート造設計規準・同解説」(以下、設計規準と略記)と、設計自由度をより高めた不整形な壁式鉄筋コンクリート造建物も適用範囲とする「壁式鉄筋コンクリート造計算規準・同解説」(以下、計算規準と略記)が記載されております。
 設計規準は1952(昭和27)年に作成され何度か改定されたもので、計算規準は1989年に作成された「壁式鉄筋コンクリート造計算規準(案)・同解説」に端を発しております。両規準は、最小壁量規定、階高規定、水平荷重時応力解析法等が異なるものの、基本的には平成13年国土交通省告示第1026号の規定を満たす壁式RC造建物の構造設計法を記載しております。壁式RC造建物に対する構造関係規準が二つ存在することは、会員及びユーザーにとって活用し難い状況です。
 一方、1983(昭和58)年に本会より刊行された「壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準・同解説」は、これまで一度も改定されておらず、改正告示第1026号や最新版JASS 10にも対応しておりません。
このたび、2009年4月〜2013年3月の期間で,「壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準作成小委員会」を設置し,本文・解説原案を作成いたしました。その成果を基に、現場施工の壁式RC造建物および壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造の統一的な構造設計・計算規準を作成し刊行する予定です。
 刊行に向けて、建築学会会員の皆様からの忌憚のないご意見をお待ちしております。

日本建築学会 構造委員会委員会 壁式構造運営委員会
壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準検討小委員会
  ■『壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準・同解説』 本文案概要
 
  ■ご意見送付先 : 井上 芳生(壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準検討小委員会幹事 /(株)URリンケージ)
inoue-yurlk.co.jp (*を@にかえて送信ください)
 
  ■締  切    : 2015年1月26日(月)

  ※非会員の方はぜひ本会へご入会ください【入会案内】