『原子力施設鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説』[第2版]意見募集(個人会員限定)

 『原子力施設鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説』は2005年に刊行されましたが、このたび改定を実施いたします。
  本規準は、発電用原子炉施設における鉄筋コンクリート構造の計算規準を明確化する観点から『鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説(1999)』(以下、RC規準)を基本とし、発電用原子炉施設の特殊性を考慮すべき部分を補足拡充する規準として、2005年に制定されました。
  今回の改定は、本規準の基本となるRC規準の全面改定(2010年)を受けたものです。改定にあたっては、RC規準の改定項目について、発電用原子炉施設の観点から見直すとともに、それ以外についても最新の知見等を取り入れるなど、解説・付録の充実を図りました。また、本会『建築工事標準仕様書・同解説 JASS 5N 原子力発電所施設における鉄筋コンクリート工事(2013年1月改定予定)』の関連規定も取り込んでいます。
  主な改定点は以下のとおりです。
(1)RC規準等の改定により見直した主な内容
  @ 使用性、損傷制御性および安全性という3つの性能に関する概念を導入
  A 許容付着応力度の改定
  B 梁・柱および柱梁接合部のせん断に対する算定に損傷制御の概念を導入
  C 付着および継手の算定に損傷制御の概念を導入
  D 必要定着長さの算定に部材種別・定着方法に基づく修正係数を導入
  E 耐震壁の開口に関する規定を拡充
(2)記載を充実した主な内容
  @ 超高強度鉄筋に関する文献調査
  A 面材における面外せん断力に対する断面算定
  B 寸法効果に関する技術資料
 
  現在、2013年9月の刊行を目指して構造委員会内でレビューを行っております。会員のみなさまにも『原子力施設鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説』にお目通しいただき、ご意見いただければ幸いです。ぜひ多角的な視点から建設的なコメントをお寄せください。
 なお、ご意見は日本建築学会会員番号・氏名を明記のうえ、下記宛にEメールでお送りください。
日本建築学会 構造委員会 原子力建築運営委員会
耐震構造評価小委員会
  ■『原子力施設鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説』[第2版]本文案概要
 
  ■ご意見送付先 : 秋田昇道 (耐震構造評価小委員会委員/関西電力)
akita.shodo*d5.kepco.co.jp (*を@にかえて送信ください)
 
  ■締  切    : 2013年2月5日(火)

  ※非会員の方はぜひ本会へご入会ください【入会案内】