『鋼構造接合部設計指針』[第3版]意見募集(個人会員限定)

  『鋼構造接合部設計指針』は、鋼構造建築の接合部に関する設計指針を可能な限り網羅的に明示し、その考え方を記述することを目的として、2001年に刊行されました。2006年の第2次改定から5年が経過し、この間に蓄積された技術的知見や関連JIS規格等の改定を反映させるため、『鋼構造接合部設計指針』[第3版]を発刊する運びとなりました。主な改定点は以下のとおりです。
@ 接合要素と接合部の基本性状(2章)では、F14T級超高力ボルトを本文に記載しました。また、板要素の局所的なちぎれ破断耐力を、支圧による変形を考慮して算定することとしました。
A 柱梁接合部(4章)では、外ダイアフラム形式中空断面柱梁接合部を本文に記載しました。また、上下階の角形鋼管の柱幅が異なる異幅接合形式および梁端拡幅形式について解説を充実させました。さらに、本会「建築工事標準仕様書・同解説 JASS6 鉄骨工事」および関連図書が2007年に改定されたことを受けて、溶接施工関連の解説を改定しました。
B 柱梁接合部パネル(5章)では、梁段違い形式接合部パネルについて、両側段違いの場合を含む設計式に改めました。
C ブレース接合部(6章)では、制振構造用座屈拘束ブレースの接合部に関する設計の考え方を新たに記述しました。
D 柱脚(7章)では、塑性変形が期待できるアンカーボルトを使用した露出柱脚について、全塑性耐力を新たに定義しました。
 
  現在、2011年3月の刊行をめざして専門家によるレビューを行っておりますが、会員の皆様にもお目通しいただき、ご意見を伺うことになりました。ぜひ多角的な視点から建設的なコメントをお寄せください。
 なお、ご意見は日本建築学会会員番号・氏名を明記のうえ、下記宛にEメールでお送りください。
日本建築学会 構造委員会 鋼構造運営委員会
鋼構造接合小委員会
  ■『鋼構造接合部設計指針』[第3版]本文案概要
 
  ■ご意見送付先 : 田中 剛 (鋼構造接合小委員会主査/神戸大学)
tanaka*arch.kobe-u.ac.jp (*を@にかえて送信ください)
 
  ■締  切    : 2011年11月22日(火)

  ※非会員の方はぜひ本会へご入会ください【入会案内】