| 目次 | 前ページ | 次ページ |

わが家の耐震 −RC造編−

5. 住戸内・外の震災対策


住戸内にある家具・建具の転倒・落下や屋外の工作物,外装材の落下, ブロック塀の転倒等による人的・物的被害(2次災害)を最小限に抑える ための対策が必要です。現状の室内環境が地震に対して安全かどうかを判 断し,安全性のチェックをしましょう。

(1)家具の転倒チェックのフロー[*3][*4]

室内に関しては,家具の転倒チェックのフローを利用し対策を立てましょう。特に,共同住宅(マンションなど)の共用部分は避難路となるので,つねに維持管理を怠らないよう心掛けましょう。

(2)家具の震災対策[*3][*4]

家具の転倒・移動・落下などにより人への直接的事故,間接的な災害を引き起こすことが多いので,以下の対策を行いましょう(図21)。

  1. 背の高い家具(洋服箪笥,食器棚,書庫,ロッカーなど)の上に物は置かない。
  2. 収納家具等を横に並べる場合,左右で連結し,壁等に固定する。
  3. 収納家具等を積み重ねる場合には,上下を連結し一体化して落下を防止すると共に,壁等にしっかりと固定する。
  4. 背の高い家具が壁面に設置されていない場合,背中合わせになるように前後で連結する。
  5. 家具の収納物は,重いものは下段に軽い物は上段に置き,重心を低くする。
  6. 転倒・移動の恐れのある家具は,転倒防止金具(転倒防止ウエイト,転倒防止キャスターなど)を用いて床固定,壁固定,天井固定などの対策をする。
  7. 窓ガラス側には背の高い家具は置かない。
  8. 収納家具は,ラッチ付き(扉,引き出し)を使用する。
  9. 家具を固定している天井の強度を確保する。
  10. Pタイル等を使用したすべりやすい床では家具の移動に注意する。
  11. パソコンなど机上のOA機器は,転落防止のため埋め込型あるいは傾斜型の机を使用する。
  12. 重量物,金庫などは移動しないように設置する。


図21 家具の転倒対策

 

すまいのチェックポイント


| 目次 | 前ページ | 次ページ |