2011年各賞受賞者

(敬称略)

2011年日本建築学会大賞

建築に関する学術・技術・芸術の発展向上に長年の業績を通じて,特に著しく貢献した本会個人会員。

規模計画・安全計画・建築人間工学の確立と発展に関する一連の功績
岡田 光正 (大阪大学名誉教授)

鋼構造に関する塑性設計・耐震設計・限界状態設計の発展と実践に対する功績
高梨 晃一 (東京大学名誉教授)

 

2011年日本建築学会賞(論文)

近年中に完成し発表された研究論文であって,学術の進歩に寄与する優れた論文。

都市建築空間におけるヒートアイランド対策効果の定量化に関する一連の研究
足永 靖信 (国土交通省国土技術政策総合研究所室長)

小屋と倉−干す・仕舞う・守る 木組みのかたち−
安藤 邦廣 (筑波大学教授)

環境振動に関する感覚評価の特性の解明とその性能評価手法に関する一連の研究
石川 孝重 (日本女子大学教授)

木造住宅の地震応答解析モデルの提案と応用に関する一連の研究
五十田 博 (信州大学准教授)

脱施設化の流れにおける現代の施設計画に関する一連の研究
大原 一興 (横浜国立大学教授)

建築材料の電波特性に関する一連の研究
河辺 伸二 (名古屋工業大学教授)

鉄筋コンクリート柱梁接合部の耐震性に関する研究
塩原 等 (東京大学准教授)       

中国の都市・建築と日本−「主体的受容」の近代史
徐 蘇斌 (天津大学教授)

エネルギー吸収部材を有する空間鋼構造の耐震性能
竹内 徹 (東京工業大学教授)

表現者・堀口捨己−総合芸術の探求−
藤岡 洋保 (東京工業大学教授)     

 

2011年日本建築学会賞(作品)

近年中主として国内に竣工した建築の設計(庭園・インテリア,その他を含む)であって,技術・芸術の進歩に寄与する優れた作品。
東京大学数物連携宇宙研究機構棟
大野 秀敏(東京大学教授)

撮影:北島俊治
犬島アートプロジェクト「精錬所」
三分一 博志(三分一博志建築設計事務所代表)

撮影:新建築社写真部
IRONHOUSE
椎名 英三((株)椎名英三建築設計事務所代表取締役)
梅沢 良三((株)梅沢建築構造研究所代表取締役)

 

 

2011年日本建築学会賞(技術)

近年中に完成した建築にかかわる技術の発展に寄与し、優れた成果に結実した技術。

微細な水粒子幕を用いた防火設備の開発
桑名 秀明(鹿島建設(株)技術研究所主任研究員)
天野 玲子(鹿島建設(株)知的財産部部長)
辻 利秀(ホーチキ(株)開発研究所専門職部長)
栗岡 均(日本消防検定協会技術参与)



超高強度・高性能コンクリートの技術開発
三井 健郎((株)竹中工務店技術研究所マネージャー)
小島 正朗((株)竹中工務店技術研究所主任研究員)
木村 秀樹((株)竹中工務店技術研究所マネージャー)
木之下 光男(竹本油脂(株)第三事業部参与)

 

2011年日本建築学会賞(業績)

近年中に完成した学術・技術・芸術などの進歩に寄与する優れた業績(論文・作品・技術以外)。

霞が関三丁目南地区における都市広場「霞テラス」を核とした官民一体の再再開発
霞が関三丁目南地区まちづくり協議会
久米設計・大成建設・新日鉄エンジニアリング設計共同企業体
(株)日本設計
(株)KMG建築事務所
(独)都市再生機構


京町家作事組の活動と成果
一般社団法人 京町家作事組


製菓工場から始まった地域に根ざした文化施設づくりへの長年の取り組み
六花亭製菓(株)
中札内村
(株)大林組


 

2011年日本建築学会教育賞(教育業績)

長年の活動によって成果が認められ、建築教育の発展ならびに社会に顕著な貢献をした業績。

多面的な活動を通じた近代建築史の教育に関する長年の貢献
山口 廣(日本大学名誉教授)

 

2011年日本建築学会教育賞(教育貢献)

近年中に実践され、建築教育の発展に貢献した教育プログラム・教材等の業績。

ステップ・バイ・ステップ方式を用いた初学者向け建築設計教育プログラムの実践と教科書の出版
川北 健雄(神戸芸術工科大学教授)
花田 佳明(神戸芸術工科大学教授)
三上 晴久(神戸芸術工科大学教授)
倉知 徹(神戸芸術工科大学特別研究員)
水島 あかね(明石工業高等専門学校助教)


研究施設を用いた青少年への建築技術に関する公開講座プログラムの開設と実践
清水建設(株) 技術研究所 シミズ・オープン・アカデミー推進室


子どものための建築・まち学習プログラム「だがねランド」
(財)名古屋都市整備公社 名古屋都市センター
名古屋市立大学 鈴木賢一研究室 代表 鈴木 賢一

 

2011年日本建築学会奨励賞

会員により近年中に発表された独創性・萌芽性・将来性のある建築に関する優れた論文等の業績。

均一せん断棒による多層建築物の浮き上がりモード特性と自由振動
石原 直((独)建築研究所 主任研究員)

戸建住宅居住者の住宅管理における住宅関連業者の選定と継続関係−郊外住宅地における住宅管理の方策に関する研究 その2−
伊丹 絵美子(香川大学講師)

建築と設備が一体化したペリメータレス空調システムの性能および省エネルギー効果の実測評価
一ノ瀬 雅之(首都大学東京助教)

古代地方官衙政庁域の空間構成
海野 聡(国立文化財機構奈良文化財研究所研究員)

ガセットプレートの存在が周辺部材の力学挙動に及ぼす影響 ダンパーを組み込んだ靭性骨組の総合的な耐震性能の向上 その2
吉敷 祥一(東京工業大学助教)

座屈拘束ブレースの構面外座屈防止設計法
聲高 裕治(京都大学准教授)

通風時の建物周辺気流に関する風洞実験及びCFD解析精度の検証
小林 知広(立命館大学講師)

ハンセン病療養所の施設構成の変遷に関する研究
境野 健太郎(鹿児島大学大学院助教)

メソスケール数値解析による海風の進入経路に沿った移動領域の顕熱・潜熱・平均運動エネルギー収支分析
佐藤 大樹(大成建設技術センター主任)

音波を用いた膜張力測定手法における空気の付加質量の影響の評価
陳 商U(名古屋大学大学院外国人特別研究員)

災害復興公営住宅における「孤独死」の発生実態と居住環境の関係 阪神・淡路大震災の事例を通して
田中 正人(都市調査計画事務所代表取締役)

近代上海港における日本郵船会社による港湾施設建設過程
陳 雲蓮(名古屋大学大学院外国人特別研究員)

耐震補強工事に対する助成額検討手法の提案と簡易補強工事への応用
廣井 悠(東京大学大学院助教)

実構造物における収縮ひび割れ制御設計に関する研究
百瀬 晴基(鹿島建設技術研究所研究員)

伝統的な建物配置や敷地構成の居住環境の再建への影響−2006年ジャワ島中部地震被災地であるプレンブタン集落を事例として−
山崎 義人(兵庫県立大学講師)

 

2011年日本建築学会作品選奨

その年の作品選集掲載作品のうち特に優れた作品。
大船渡市民文化会館・市立図書館/リアスホール
新居 千秋((株)新居千秋都市建築設計代表取締役)

撮影:小川泰祐
幕張インターナショナルスクール
宇野 享(シーラカンスアンドアソシエイツ アドバイザー)
赤松 佳珠子(シーラカンスアンドアソシエイツ代表取締役)
小嶋 一浩(シーラカンスアンドアソシエイツ代表取締役)
伊藤 恭行(シーラカンスアンドアソシエイツ代表取締役)
中田 捷夫(中田捷夫研究室代表取締役)
高間 三郎(科学応用冷暖研究所所長)
柳澤 要(千葉大学准教授)

撮影:ダイム・ワカイ
長野県稲荷山養護学校
北川原 温(東京藝術大学教授・北川原温建築都市研究所主宰)

撮影:太田拓実
世界遺産 熊野本宮館
香山 壽夫(香山壽夫建築研究所所長)

撮影:新建築写真部
芦北町 地域資源活用総合交流促進施設
高橋 寛(ワークステーション取締役)
高橋 晶子(ワークステーション代表取締役・武蔵野美術大学教授)
佐藤 淳(佐藤淳構造設計事務所主宰・東京大学特任准教授)

撮影:永石秀彦
十和田市現代美術館
西沢 立衛(横浜国立大学教授)

撮影:西沢立衛建築設計事務所
岩見沢複合駅舎(JR岩見沢駅・岩見沢市有明交流プラザ・岩見沢市有明連絡歩道)
西村 浩((株)ワークヴィジョンズ代表取締役)

撮影:小川重雄
高崎市立桜山小学校
古谷 誠章(早稲田大学教授)
八木 佐千子(NASCA代表取締役)

撮影:淺川 敏
森×hako
前田 圭介(UID 代表)

撮影:上田 宏
シャノアール研修センター
益子 義弘(益子アトリエ代表)
安宅 研太郎(アタカケンタロウ建築計画事務所代表)

撮影:K.Torimura
木材会館
山梨 知彦((株)日建設計執行役員/設計部門代表)
勝矢 武之((株)日建設計設計部門設計主管)

撮影:ナカサアンドパートナーズ
Nowhere but Sajima
吉村 靖孝((株)吉村靖孝建築設計事務所代表取締役)

撮影:吉村靖孝

 

2011年日本建築学会文化賞

会員以外により,建築文化の向上,建築への理解と認識向上等に貢献した業績。

地方都市における地域文化を尊重した最先端のまちづくり「終の栖(ついのすみか)」運動と活動の業績
川端 五兵衞(潟_イゴ取締役会長・近江八幡市元市長)

一般紙記者として建築・都市の文化的価値を社会に知らしめた業績
松葉 一清(武蔵野美術大学教授・元朝日新聞編集委員)