2002年各賞受賞者

(敬称略)



2002年日本建築学会大賞

建築に関する学術・技術・芸術の発展向上に長年の業績を通じて,特に著しく貢献した本会個人会員。
建築環境工学、特にホールの音響設計法をはじめとする建築音響学の発展に対する貢献
石井 聖光((財)建設工学研究会理事長・東京大学名誉教授)

建築構造学、特に鉄骨構造の研究・教育と発展に対する貢献
加藤 勉((財)溶接研究所理事長・東京大学名誉教授)


2002年日本建築学会賞(論文)

近年中に完成し発表された研究論文であって,学術の進歩に寄与する優れた論文。
阪神・淡路大震災における被災と復旧・復興過程および復興都市計画諸制度、まちづくり支援に関する一連の研究
安藤 元夫(近畿大学教授)

住宅・オフィスビル等の一般居住環境における空気環境問題に関する一連の研究
池田 耕一(国立保健医療科学院建築衛生部部長)

鋼構造骨組の終局地震荷重効果評価手法に関する一連の研究
大井 謙一(東京大学生産技術研究所助教授)

建築構法計画・設計・開発に関する研究と関連データの再構成
大野 隆司(東京工芸大学教授)

鋼構造骨組の地震応答と必要耐震性能に関する研究
小川 厚治(熊本大学教授)

密集住宅市街地の住環境整備に関する研究
佐藤 圭二(中部大学教授)

室内温熱環境と空気環境の快適性に関する研究
田辺 新一(早稲田大学教授)

伊勢神宮・大嘗宮建築史論
林 一馬(長崎総合科学大学教授)

コンクリート充填鋼管構造柱梁接合部の弾塑性性状に関する研究
福元 敏之(鹿島建設技術研究所主管研究員)

繊維補強コンクリートの材料設計とその応用に関する研究
村上 聖(熊本大学助教授)


2002年日本建築学会賞(作品)

近年中主として国内に竣工した建築の設計(庭園・インテリア,その他を含む)であって,技術・芸術の進歩に寄与する優れた作品。


公立はこだて未来大学


山本 理顕(山本理顕設計工場代表取締役)
木村 俊彦(木村俊彦構造設計事務所所長)



W・HOUSE


渡辺 明(渡辺明設計事務所代表取締役)



地下鉄大江戸線飯田橋駅


渡辺 誠(渡辺誠/アーキテクツオフィス代表)


2002年日本建築学会賞(技術)

近年中に完成した建築にかかわる技術の発展に寄与し、優れた成果に結実した技術。
岐阜県立森林文化アカデミーの木造建築における木材のめり込み特性を活用した設計技術の実用化
稲山 正弘(稲山建築設計事務所代表取締役)
北川原 温(東京芸術大学助教授)

電磁シールドビル技術
清水建設株式会社技術研究所・プロポーザル本部・設計本部

天然芝サッカーフィールド可動システム「ホヴァリングステージ」
大成建設株式会社
株式会社竹中工務店
川崎重工業株式会社

市街地建物建替え時の既存地下躯体再利用構法の開発−大阪明治生命館 ランドアクシスタワー−
株式会社竹中工務店大阪明治生命館プロジェクトチーム

2002年日本建築学会賞(業績)

近年中に完成した学術・技術・芸術などの進歩に寄与する優れた業績(論文・作品・技術以外)。
旧日光田母沢御用邸本邸に関わる調査と修復工事
工藤 圭章((財)文化財建造物保存技術協会理事)
河東 義之(千葉工業大学教授)
中村 光彦(宮内庁管理部工務課長)
海老原 忠夫(宇都宮大学講師)
浅羽 英男(宮内庁管理部工務課総括補佐)
今井 正敏(都市計画研究所建築設計室次長)

アンコール・トム中央寺院バイヨンの北経蔵修復等を通じての国際貢献
中川 武(日本国政府アンコール遺跡救済チーム代表・早稲田大学教授)

編集者・評論家としての永年にわたる建築界における諸活動
馬場 璋造(建築情報システム研究所代表取締役)

山形県金山町「街並みづくり100年運動」の推進に関わる一連の業績
林 寛治(林寛治設計事務所/studio KA主宰者)
片山 和俊(東京芸術大学教授)
住吉 洋二(都市企画工房代表)
山形県金山町

2002年日本建築学会奨励賞

会員により近年中に発表された独創性・萌芽性・将来性のある建築に関する優れた論文等の業績。
朝鮮神宮の鎮座地選定−京城における日本人居住地の形成および初期市区改正との関連から−
青井 哲人(人間環境大学助教授)

EXPERIMENTAL STUDY ON INDOOR THERMAL ENVIRONMENT OF FLOOR-SUPPLY DISPLACEMENT VENTILATION SYSTEM UNDER VARIOUS HEAT LOAD CONDITIONS
秋元 孝之(関東学院大学助教授)

台湾ヤミ族における親柱tomokと「住まう」こと
足立 崇(大阪産業大学助手)

十八世紀初期フランスとメゾン・ド・プレザンス フランス−ドイツ啓蒙主義建築思潮研究 その1
市川 秀和(福井工業大学講師)

コンサートホールの座席における視覚的評価とその物理的要因の相関に関する研究−劇場・ホールの空間特性に関する研究(その2)−
浦部 智義(日本学術振興会特別研究員)

ガス状物質のクリーンルーム空気中からシリコンウェハ表面への吸着に関する理論的考察
鍵 直樹(東京工業大学助手)

直交鉄筋が配筋されたコンクリート接合面のせん断挙動と接合面表面粗さとの関係−プレキャスト接合部のせん断挙動に関する研究−
香取 慶一(東京工業大学建築物理研究センター助手)

一軸材料線要素からなる梁−柱有限要素を用いた鋼立体ラーメンの弾塑性挙動の解析
金尾 伊織(京都大学防災研究所日本学術振興会特別研究員)

剛体の転倒率曲線の提案
金子 美香(清水建設和泉研究室)

左右の梁せいが異なる角形鋼管柱・梁接合部パネルの力学性状
桑原 進(大阪大学大学院講師)

鉄骨鉄筋コンクリート柱部材の復元力特性に関する研究−単一H形鋼を内蔵したSRC柱の骨格曲線の定式化−
堺 純一(九州大学助教授)

住環境整備事業からまちづくり活動への漸進的展開にみるワークショップの課題−筑紫野市S地区における住環境整備事業のケーススタディ−
白石 昌之(まちづくり計画・スローライフ主宰)

視覚行動からみた街路空間の連続的認識
西應 浩司(日本学術振興会特別研究員)

兵庫県南部地震における建物被害の自治体による調査法の比較検討
村尾 修(筑波大学講師)

臨海部居住地域における塩害と空気中海塩粒子濃度の実態調査
依田 浩敏(近畿大学助教授)

2002年日本建築学会作品選奨

その年の作品選集のうち特に優れた作品。


VILLA FUJII


宇野 求(千葉大学教授)
池村 圭造(フェイズアソシエイツ・パートナー)

撮影:中川敦玲



不知火町立美術館・図書館(不知火文化プラザ)


北川原 温(東京芸術大学助教授)

撮影:新建築社



平等院宝物館(鳳翔館)


栗生 明(千葉大学教授)
宮城 俊作(奈良女子大学教授)
鈴木 弘樹(栗生総合計画事務所主任)

撮影:ナカサ&パートナーズ



鴻巣市文化センター/クレアこうのす


小泉 雅生(東京都立大学助教授/C+A)

撮影:平井広行



東京大学弥生講堂
一条ホール・附属資料館



香山 壽夫(香山壽夫建築研究所所長)
遠山 則孝(遠山1級建築士設計事務所所長)
安藤 直人(東京大学助教授)



海椿葉山


竹原 義二(大阪市立大学教授)

撮影:絹巻豊



早稲田大学會津八一記念博物館
(旧早稲田大学図書館改修)



古谷 誠章(早稲田大学教授)
田中 智之(早稲田大学芸術学校客員講師)

撮影:新建築社



山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナ


宮田 多津夫(松田平田設計特定建築設計部部長)
播 繁(播設計室代表取締役)
廣木 邦明(松田平田設計)
日暮 雄一(松田平田設計)



工学院大学八王子校舎教室棟
(工学院大学八王子キャンパス15号館)



山本 圭介(東京電機大学教授)
堀 啓二(山本・堀アーキテクツ)



公立はこだて未来大学


山本 理顕(山本理顕設計工場代表取締役)
木村 俊彦(木村俊彦構造設計事務所所長)



CESS・埼玉県環境科学国際センター


横河 健(横河設計工房代表取締役)


2002年日本建築学会文化賞

原則として会員以外により,建築文化の向上,建築への理解と認識向上等に貢献した業績。
阪神・淡路大震災後の復興まちづくりの全過程を記録した連作ビデオドキュメンタリーの製作
青池 憲司(映画監督・野田北部を記録する会)

建築の地球環境問題対応への環境倫理学からの寄与
加藤 尚武(鳥取環境大学学長)

茅葺屋根の保存と修復−葦原の保全、茅葺工法の研究と継承、後継者の育成−
熊谷 貞好(熊谷産業代表取締役)