日本建築学会刊行物からの転載に関する手続き

日本建築学会刊行物の本文、図および表の一部を転載する場合は、転載許可の申請が必要です。転載許可を申請される方は、下記にしたがって申請してください。
 なお、申請に対する回答には数週間から1か月程度の時間を要します。特に、11月から翌年3月にかけては非常に多くの申請が集中し、回答まで2か月以上要する場合もあります。また、大量の転載はお断りしております。あらかじめご了承ください。
1.提出書類
(1)転載許可願 <書式見本Wordを利用して申請してください>
(2)本会刊行物の該当頁のコピー ※転載箇所を赤太枠で囲って、転載先の頁・行・図などの具体的な箇所を余白に記載してください。文献複写サービス
(3)転載先の原稿または校正紙のコピー ※転載箇所を赤太枠で囲ってください。転載元の頁・行・図などの具体的な箇所を余白に記載してください。
(4)返信用封筒(宛先明記のうえ切手貼付のこと)
2.対価の請求について
 日本建築学会刊行物から転載する分量または転載先の著作物の趣旨によっては、本会が適当と認める対価を請求することがあります。また、大量の転載はお断りしております。あらかじめご承知おきください。
3.送付先および問合せ先
  〒108-8414 東京都港区芝5-26-20 
   一般社団法人 日本建築学会事務局 著作権手続き担当
  TEL:03-3456-2051(代表)
 
【注】
日本建築学会刊行物に記載されている原典表記を必ず確認してください。日本建築学会の編著ではない刊行物からの転載について、本会が許可することは一切ありません。
 
【FAQ】
○電子媒体の場合は:
インターネット上での引用・転載データ掲載は承諾いたしかねます。
   ・上記以外の電子媒体の種類
    (CD-ROMなど具体的に明記)
   ・著作物名、媒体名など
   ・データの利用方法
    (テキストファイル、スキャナー等で読み込んだ画像データなど具体的に明記)
   ・利用目的(教育用、宣伝用などを明記)
   *広告や教材などの場合は利用目的、使用方法を必ず明記してください。