サインイン 

TOPに戻る 一覧に戻る  


開催日付 催 し 物 タ イ ト ル 会 場 申込み等
2013-06-21 カルチベートトーク「建築をどう社会に伝えるか」 東京・建築会館


■催し物の内容

カルチベートトーク

テーマ:建築をどう社会に伝えるか

 

 建築文化事業委員会では、建築を社会に伝えることを、課題のひとつとしている。今回、委員の田中元子らが実践しているけんちく体操が、2013年度の日本建築学会教育賞を受賞したことを契機に、カルチベートトークが企画された。そこで同委員である建築家の藤村龍至と批評家の五十嵐太郎の、それぞれの建築と社会をつなぐ試みも紹介しつつ、現在において「建築をどう社会に伝えるか」をめぐって討議を行う。

 今回のカルチベートトークでは、田中、大西正紀らが、けんちく体操のこれまでの活動、五十嵐が、批評家としての活動からあいちトリエンナーレ2013における建築的な展開、藤村が、行政や他分野を巻き込む活動からあいちトリエンナーレのプロジェクトについて、それぞれプレゼンテーションを行った後、司会を担当するコミュニティ・デザイナーの菊池宏子が、アートと社会の関係を探る視点を絡めながら、包括的なディスカッションに広げていく。

 

■申込は下記のURLでお願いします。
https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=527

 

主催:建築文化事業委員会

日時:6/21(金)18:30~20:30

会場:建築会館202号会議室

参加費:無料

講師:五十嵐太郎、田中元子、藤村龍至/司会 菊池宏子