サインイン 

TOPに戻る 一覧に戻る  


開催日付 催 し 物 タ イ ト ル 会 場 申込み等
2013-06-28 関東支部シンポジウム「子育て中の居住空間における建築材料への新たな提案」 東京・建築会館ホール


■催し物の内容

ポスターへ⇒ http://kanto.aij.or.jp/images/pdf/symposium/kosodate.pdf

 

「子育て中の居住空間における建築材料への新たな提案」のご案内 [CPD4単位]

                       日本建築学会 関東支部 材料施工専門委員会

                                           ユニバーサルデザイン建材WG                                                            

現在、日本では少子化が問題となっています。共働き家庭の増加、結婚年齢や初産年

齢の高齢化などにより、子育ては母親には負担が増大しつつあります。今回のシンポ

ジウムでは、父親、母親が前向きに子育てと向き合える住宅用建材の調査を行うとと

もに、これらの建材について新たな提案を行います。

さらに託児施設も同様に調査結果に基づいた建材の提案を行います。一方では、子育

て完了後の子供部屋の有効活用法やマンション等の共有施設(キッズルーム等)の有効

活用の事例について調査した報告を行います。特別講演として子育て用住宅で最も課

題となっている収納の問題について取り上げ、日本初のかたづけ士として活躍してい

るスペシャリスト小松易氏の講演を行います。

是非ふるってご参加いただきますよう宜しくお願い致します。

 

主催  :日本建築学会 関東支部 材料施工専門委員会ユニバーサルデザイン建材WG

日時  :2013年6月28日(金) 13:00~17:30

会場  :建築会館 ホール

定員   :120名(申込先着順)

 

総合司会                                                   横井 健(東海大学)

 

プログラム 

 

1.主旨説明                                           熊野 康子(株式会社フジタ)

2.講演

(1) 子育て用住宅に関する教育論と施設             金巻 とも子(金巻・こくぼ住宅工房)

(2) 子育て居住空間の建材開発と今後の動向

    ①子育て用住宅の床における対策の現状        花澤 周志(東リ株式会社) 

    ②子育て用住宅の床のあり方                 古賀 純子(建築研究所) 

    ③住宅用壁材および天井材               笠原 悠(株式会社エーアンドエーマテリアル)

    ④調湿建材の子育て用住宅、           森本 美喜子(富士川建材工業株式会社)

     託児施設等への適用                

    ⑤住宅、託児施設等に適用する          品川 肇(株式会社エーアンドエーマテリアル)

     防音用建材の開発動向      

    ⑥子育て用住宅用壁紙の開発動向        山田 裕介(東リ株式会社)

(3) 子育て用住宅、子供用施設の設備と        栗原 拓央(東鉄工業株式会社)  

    間取りと有効利用   

3.特別講演  

  勉強ができる子がやっている片づけの習慣       小松 易(スッキリ・ラボ)

4.パネルディスカッション(各演題の質疑含む)

 

参 加 費:会員3000円  会員外4000 円  学生 1500円

申 込 み: https://www.aij.or.jp/index/?se=eventlist&ac=action&button_kind=3&button_id=478

問い合わせ先:日本建築学会 関東支部 事務局 TEL:03-3456-2050 E-mail: kanto@aij.or.jp

         (株)フジタ 建設本部 技術部 熊野 康子 TEL:03-3796-3207 E-mail: kumano@fujita.co.jp