日本建築学会グローバル化人材育成プログラム 『世界で建築をつくるぞ!-グローバルな建築デザイン・マネジメント・エンジニアリング分野への入門』

開催日:2017/08/24~08/25
会 場:東京・建築会館ホール
分 野:その他(全般)


●日本建築学会グローバル化人材育成プログラム
 
主催 国際委員会
 
〇タイトル
 日本建築学会グローバル化人材育成プログラム
『世界で建築をつくるぞ!-グローバルな建築デザイン・マネジメント・エンジニアリング分野への入門』
 
〇主旨
 日本が人口減少期に移行する一方で、世界の人口はまだまだ増加の一途を辿っています。そうした状況下で、これまで国内にのみ主たる活躍の場を求めてきた建築の設計者や生産者が、国境を越えてグローバルに活躍の場を求めていこうとするのは、自然な流れです。
 このような時代の転換期にあたって、日本建築学会では、世界で活躍しようという意志を持つ学生等に対して、世界で建築をつくる活躍の場の実情や将来の方向性等について、基本になる認識や最新の情報等を獲得できる機会を提供する取組みを開始致します。今回参加者を募集する2日間の「グローバル化人材育成プログラム」がそれです。
 
〇参加学生等募集要項
1. 参加条件:2日間の全スケジュールに参加することが条件となる。
2. 参加費:無料。ただし、飲食費は含まない。
3. 旅費支給:関東支部以外の支部管轄地域に在住の者については、日本建築学会より往復交通費を補助する。詳細は選考委員会で参加を認められた者に、その時点で知らせる。
4. 定員:60名
5. 参加者資格:建築系の大学生、大学院生で海外での建築活動に従事することに強い関心や意欲を持っている者。留学生も含む。主に学部3年生、大学院1年生を想定している。原則として日本建築学会の個人会員(正会員、準会員-応募時までに入会申込みをしている者を含む)を優先する。
6. 応募:所定の書式(http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/oubo2017.docx)に必要事項(氏名、会員番号(会員外の方は会員外と記載)、所属大学、所属大学住所、学年、連絡先、メールアドレス、電話番号、交通費補助の有無、今回の応募動機と海外での活動への関心)を記入の上、所属大学教員1名の推薦文と署名・捺印をもらい、日本建築学会担当に電子メールで提出する。
7. 応募締切:2017年6月11日
8. 選考:日本建築学会グローバル人材育成事業小委員会が書類選考によって行う。選考結果は2017年6月末日までにメールにて応募者に伝える。
9. 申込先:日本建築学会事務局 編集グループ 内野
     e-mail:uchino@aij.or.jp
     TEL 03-3456-2017
 
〇プログラム(敬称略
【会場】 建築会館ホール  
【1日目 8月24日(木)】
09:30-10:00 ガイダンス・班分け
(6名づつ10班、各班にゼネコン、設計事務所、住宅メーカー、建材メーカー等で海外勤務経験を持つメンター2名がつく)  
10:00-12:30  隈研吾(東京大学教授・建築家)講演+ワークショップ
12:30-13:30  ランチ・ブレイク
13:30-16:00  志摩憲寿(東洋大学国際地域学科准教授)講演+ワークショップ
16:00-16:30  コーヒー・ブレイク
16:30-19:00  小栗新(アラップ東京事務所代表講演+ワークショップ
 
【2日目 8月25日(金)】
09:30-12:00 ヴォ・チョン・ギア(建築家)講演+ワークショップ
12:00-13:00  ランチ・ブレイク
13:00-15:30  小泉博義(鹿島建設代表取締役)講演+ワークショップ
15:30-16:30  コーヒー・ブレイク(各賞審査)
16:30-17:00  クロージング(修了証授与、各賞授与)
 

建築CPD:申請中


残 数:--