日本建築学会図書館
日本建築学会 日本建築学会図書館 デジタルアーカイブ
近代日本建築学発達史
「近代日本建築学発達史」は建築学会80周年の記念事業として企画され、1972年に刊行された。12分科会を設置し、明治初期に西洋建築が導入されて以降100年における近代建築の発展過程について網羅的に資料の収集整理を行い、戦前に重点をおいて建築学の動向を記録したものである。「近代日本発達史」年表は、各分科会が明治初年から昭和40年頃までの主要な技術・制度・研究等について年代順にまとめたものであり、各分野における建築学の変遷を概観することができる資料である。

Development History of Modern Japanese Architecture
This book published in 1972 was planned as part of AIJ’s 80th anniversary celebrations. Twelve special interest groups established for this project exhaustively collected and organized data regarding the development of Japanese modern architecture over a century following the introduction of Western architecture in the early Meiji Period. The architectural trends of this period are recorded with particular stress on the prewar years. A chronology at the end of each chapter summarizes major technologies, institutions, and studies from the early Meiji Period to around 1965 in chronological order, providing an overview of development in each sphere of architecture.

  アイコンをクリックするとPDFデータでご覧いただけます。
Click the icon to open the PDF data.
書 名
Book title
著 者
Author
出版年
Year of publication
データ
Data
「近代日本建築学発達史」環境工学年表資料 日本建築学会 編 1969
4.85MB
近代日本建築学発達史「建築経済」年表(案) 日本建築学会 編 1969
11.3MB
近代日本建築学発達史委員会資料 : 教育関係年表 日本建築学会 編 1969
8.52MB
近代日本建築学発達史「施工」年表 日本建築学会 編 1969
8.36MB
近代日本建築学発達史「建築材料」年表 1850年〜1967年 日本建築学会 編 1969
7.13MB
近代日本建築学発達史「建築計画」年表資料 日本建築学会 編 1970
36.2MB
近代日本建築学発達史 1編(表紙口絵 1編) 〜 12編 日本建築学会 編 1972
46.5MB

26.8MB

29.9MB

19.8MB

37.4MB

25.9MB

37.2MB

29.2MB

40.9MB

46.7MB

44.0MB

28.8MB

30.5MB

21.5MB

36.6MB

29.3MB

40.8MB

30.0MB

28.9MB
近代日本建築学発達史トップへ戻る
Back to the top of this page